治療院ストーリー

幼少期~小学生

1988年5月12日に群馬大学付属病院で誕生。姉と2人兄弟で従姉妹が5人全員女子の女系の中、大間々町の街が見えないほどの不便すぎる山の中で育ちました。

泣き虫で女の子としか遊んだことのない幼児期、この時期だけで海の波にのまれしばらく行方不明になり死にかけたこと、橋の上で頭から落ち数センチ横には大きな石があったこと、2度も本気で死にかけた経験のある過去。

山奥で育ったおかげか動くことやスポーツは大好きで、この頃から縁あってレスリングを始めました。小学生になってからも野球に水泳に陸上と、なんでも動きたい性格でした。

野球 水泳

 中高生

レスリング大間々中学校に入学してからはバスケットに夢中になり、友達と遊ぶ暇を犠牲にしてまでレスリングと並行して部活のバスケもやり、塾の勉強と運動漬けの毎日。

高校に入学してからはレスリングを引退し、樹徳高校にスポーツ推薦でバスケットボール部に入部し、公立進学コースのKクラスで文武両道を目指し奮闘していました。

バスケットボールしかし、バスケットは中学からでは中々経験者には追いつけずメンバー落ちをしたりとスランプ。更に元々頭が良くなく勉強についていけない環境に焦りとパニックに陥り、どうしたら良いのかわからず親の前で大号泣&発狂。

自分のふがいなさを初めて痛感させられた大挫折を迎えた時期でした。

どうにもこうにも逃げようがない環境だったのでなんとかふてくされることなく大きな壁を自分で乗り越えていきました。その頃からバスケットを通してケガが多く、自分の体に興味を持ち始めた結果公立進学を取りやめ、専門職の大学へ進学を決意しました!

 大学時代

右も左もわからないまま必死に勉強して帝京平成大学へ入学。1年目は千葉の市原で基礎を学び、2年次からは都内の池袋キャンパスへ移動。都会の誘惑に目もくれず4年間真面目に勉強し他の資格も取得しつつ、年に一度の国家試験に一発合格!そしてやっと治療家へのスタートラインに立てました。

 

 修行時代

師匠である埼玉県富士見市鶴瀬にある花谷接骨院との出逢いは、大学3年次に住まい周辺の院のHPを見てここなら自分の理想に近く学べることが多いのではないか。と直感で求人もしていない中、強引に面接をお願いしたのがご縁の始まりでした。

修行時代田舎育ちで何かあればすぐに親に頼ってきた今までの甘い人生。師匠に出逢えたおかげで仕事面だけでなく、礼儀から社会勉強、仕事への向き合い方、家族や人との向き合い方、足りない多くを学び人としても大きく成長させて頂きました。

決して楽な10ではありませんでしたが、この期間は人生においてとても大きな濃い修行期でした。

また、現在埼玉県東松山市にあるいがらし整骨院の五十嵐先生は先輩にあたり、自身にはない考え方を常に持っており、ものの見方や視点・視野を広げて頂き成長の糧として常にそばで面倒を見て下さいました。

 卒業・ふるさとへ

親も反対はしなかったものの経済的な面や上京、周りに医療系の職種がいるわけでもない環境を考えると心の中では普通に進学してほしいと思っていたのではないかと思います。その気持ちもあったので中途半端な気持ちではなく30歳前には地元に戻って開業して立派な姿をみせてやると高校卒業時には心に強く決めていました。

おぐら接骨院そして、2017年1月に念願の地元に戻り大間々町の隣町である笠懸町でおぐら接骨院を開院させることができました。

ここからが新たなスタートラインであり、少しでも早くご縁ある皆様の健康にお役に立てるよう日々精進していく所存です。

これからも末永く宜しくお願い致します。

おぐら接骨院 受付時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0277-46-6770

〒379-2312 群馬県みどり市笠懸町久宮192-21
阿左美駅より車で5分、岩宿駅より車で9分

ページトップへ戻る